BLOG

アレンジメント

デザインレッスン 「アレンジ解説」

皆さん、こんにちは。

初めてでも不器用でも、綺麗可愛い 売れる様なアレンジが作れる

大阪梅田のフラワーアレンジメントスクール「花クラブ遊華」 主催の宮川です。

 

さて、昨日の記事は読んで頂けました?

13時~始まった サンデー「デザインレッスン」 ですが、

終了はジャスト17時となりました。

 

主婦の方は、手早く片付け

狭い中、写真もしっかり撮れなかったため

今日、ゆっくりとサンプルアレンジを撮り直しました。

折角撮り直したので、紹介と共に 「解説」 させて貰いますね。

 

[ 花材 ]

胡蝶蘭・ユリ・芍薬・トルコキキョウ・ライラック・スモークツリー・カーネーション・ドラセナ・ハラン・ブルーレース・ガーベラ

 

アレンジメント

テーブルに置いて、立って見た角度です。

 

ハランで出来た器に、「連動」する様に 「ドラセナ」が左下にレイアウトされています。

「ユリ」は、 左サイドに固めて配置。 「向き・高さ・角度」 を変えてあります。

胡蝶蘭は、右上にたっぷりと。 「1本」の様に見えますが、「2本が繋がって1本に見える様に」してあるのです。

1本でこの様になれば良かったのですが、茎のカーブ感がそうさせなかった為です。(茎の向きや曲がりの為に挿したい場所に挿せない場合ありますよね)

 

アレンジメント

少し下がって、座った目線がこちら。

「花器部」 が多く目に入ってきます。

花器の高さ:花部分の高さ= 花部分の方が高くなる様にしました。

芍薬とガーベラの濃いピンクがアクセントになっています。

 

アレンジメント

こちらは、「右サイド」。

胡蝶蘭の花が、縦に綺麗に並び

「芍薬・ライラック・スモークツリー・ハラン」 へと繋がります。

薄くならず、前後の幅も取り、奥行を出します。

 

アレンジメント

こちらは、「左サイド」。

大輪のユリが 「逆くの字」 にレイアウト。

その間に、ブラウンパープルのスモークツリーが入ります。

ドラセナも並べ過ぎずに、「立体的」に配します。

 

アレンジメント

こちらは、「背面」 です。

胡蝶蘭が流れ落ち、ブルーレースがフワリと浮きます。

軽い素材感のものは、「切り過ぎない」 で、「浮き感」が出ると

「キャラクター」 が生きてきます。

 

 

如何でした?

アレンジのキャリアが短いと、「前だけ」 を気にしちゃうよね?

でも、 「右」 「左」 「斜め」 「後ろ」  も気にしてさせる様になれば、

もっともっと上手になっていきますよ。

 

「綺麗なアレンジには、訳があり」

「上手くないアレンジにも、訳がある」 のです。

 

その訳が、 「腑に落ちれば」

「スルッ」 と貴女は上手になります。

 

上手くなるのってね、 「急に」

ある日 「突然」 なっちゃうのです。(それは続けてきたから… なんだけど)

 

綺麗なアレンジは、 「何故」 綺麗?

上手くいかなかった日のアレンジは、 「どうしてそうなった?」

その訳が理解できれば、 出来不出来の 「波」 も無くなります。

 

そして、次のステージが待っているのです。

 

次のドアが開かれる日を、待ってるよ(*^_^*)  by宮川

***************

花クラブ遊華フェイスブック フラワースクール大阪・花クラブ遊華

アフロディーテ・FB → アフロディーテ

 

関連記事

  1. ハロウィンアレンジ
  2. 春のアレンジメント
  3. あじさい
  4. 桃のアレンジメント
  5. お正月アレンジメント
  6. 生花アレンジメント

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

archive

calendar

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP