BLOG

花束レッスン「カラー×スパイラル」

こんにちは~
初めてでも不器用でも、綺麗可愛い 売れる様なアレンジが作れる
大阪梅田のフラワーアレンジメントスクール「花クラブ遊華」 主催の宮川です。

 

前回の記事は、読んで貰えた?
今日は引き続き 「花束」のご紹介です。

テクニックは、前回の「パラレル」から「スパイラル」に変わります。

※スパイラルテクニックは、茎を「らせん」に束ねて形成します。

 

 

花束

花束

花束

 

【 花材 】
カラー・トルコキキョウ・バラ・スイトピー

 

【 手順 】
①そうじ
掃除は、持ち手より下になる部分の「葉やトゲ」を取り除き、横枝や長すぎる茎をカットする下処理です。

②組み上げ
今回は「スパイラルテクニック」で組んで貰いました。

③結束
注意点は、「きつ過ぎず、緩すぎずの固め」に、紐を結びます。
ギュッと締めすぎて、「茎」を折ったり傷めたりしない様に、
ゆるくて、花束の形が「崩れない様に」。

④ステムカット
バンディングポイント(結束部分)から1ハンドを目安にステム(茎)をカット。

⑤保水処理
ステムティシュで茎を包み、水を足し、ビニール袋に入れて、アルミ箔を巻きます。

⑥ラッピング
和紙・セロファンで包み、リボンを巻いて完成★

 

前回のパラレルは、「茎が真っすぐ」なので、理解しやすいのだけれど、
スパイラルは、「間違いやすい」。

常に1点から放射状に広がらなければなりません。
スパゲティの束をねじると、「1点から広がるでしょ」。
そのイメージなのです!!

スパゲティの束は、1点から広がるけれど、
花束は、そう上手くいかない。

それは何故? なのかというと…
お花の茎は「曲がっているし」、「太さが違う」からだね。

その事を理解して、「丁寧」に束ねます。

ギュッと「握り過ぎても」いけません。
お花が傷んじゃうからね。

親指と人差し指で作った「輪」の中に入れるイメージでOk。
組時は、お花を「水平」にして、組みましょう。

そうすれば、お花が「動きにくい」から。
そして、時々お花を立てて「確認」をします。

日頃しないから、難しいけれど
「コツ」を覚えれば上手に出来る様になりますよ。

 

 

皆、とっても、素敵に仕上がりました。

勿体ないけど、帰宅したら
「ラッピングを外して」、茎をカットしてから花瓶に入れてね(#^^#) by宮川

 

*******************

【宮川のユーデミー講座のご紹介】
※ユーデミーは、アメリカ発のオンライン学習プラットホーム。日本では2015年にベネッセと提携。安心安全なサイトです。

●花嫁ブーケ講座「運命のブーケの見つけ方」 https://www.udemy.com/wd-bouquet/?couponCode=FT-001
●花を仕事にしたいあなたへ https://www.udemy.com/flower-work/
●美しいハーバリウムの作り方「基礎~応用」 https://www.udemy.com/87club-hb/
●美しいハーバリウムの作り方「講師養成講座」 https://www.udemy.com/herbarium/

【SNS・姉妹サイトのご紹介】
花クラブ遊華・インスタグラム→ スクール・instagram
アフロディーテ・instagram → ショップ・instagram
アフロディーテ・FB → アフロディーテ
花クラブ遊華フェイスブック フラワースクール大阪・花クラブ遊華
ウエディングブーケ専門ショップ・アフロディーテ https://wedding-f.com/
和風ブーケ専門店<えにし屋> https://wafubouquet.com/

 

関連記事

  1. アレンジメント
  2. お正月アレンジメント
  3. アレンジメント
  4. スワッグ
  5. ひまわりとフルーツのアレンジメント
  6. アレンジメント

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

archive

calendar

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
PAGE TOP